もう怖くない!自宅やクリニックで出来るレーザー脱毛の痛み対策

本格脱毛には興味があるけれど、レーザー脱毛は痛みが強そう・・・。そんな怖さから本格脱毛に踏み切れない方は、痛みを軽減するための対策ケアを覚えておきましょう。自分で出来る痛みを抑えるためのセルフケア対策から、クリニックが行っているケアサービス。そして、痛みに関する疑問をまとめました。

光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛、痛みが強いのは?

病院

本格脱毛で痛みが強いのは、どの脱毛方法でしょうか?「光脱毛、レーザー脱毛、ニードル脱毛」の痛みの強さについて比較しました。

光脱毛とは?

エステサロンでの脱毛は、IPL脱毛、フラッシュ脱毛など呼び方が異なりますが、光脱毛が主流となっています。光脱毛は、毛根のメラニンに反応する光を照射して脱毛を促します。ワキやアンダーヘアなど、太くて濃いムダ毛の脱毛時は、ややチクっとした痛みを感じる事がありますが、我慢できないほどの痛みではありません。専門店でのマシーンを使った本格脱毛の中では、最も脱毛時に痛みを感じにくいお手入れ方法です。

レーザー脱毛とは?

クリニックでの脱毛は、医療用レーザーを使ったダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザー等が主流です。毛根のメラニンに反応して脱毛する仕組みは、光脱毛と非常に良く似ていますが、大きな違いは照射する光の波長です。光脱毛は、幅が広い波長を使用しますが、レーザー脱毛では単一の波長で出力が高く、脱毛効果が高い反面、強い痛みを感じやすいというデメリットがあります。

出力が高いため、レーザー脱毛はエステサロンでの使用は禁止されています。医療行為に該当するので、医療従事者が在籍するクリニックでしか脱毛を受ける事ができません。光脱毛よりもレーザー脱毛の方が痛みを感じやすいのですが、脱毛効果の高さが人気のポイントとなっています。

ニードル脱毛とは?

一部のエステサロンやクリニックで行われているニードル脱毛は、ムダ毛が生えている毛穴に針を刺し、電気を流して毛乳頭、毛母細胞を破壊します。アメリカのFDAでは、唯一ニードル脱毛のみが永久脱毛として認められているため、脱毛効果の高さは優れていますが、電気針による脱毛は、通電時に強い痛みを伴います。そして、ヤケドや色素沈着などの肌トラブルが起きやすいというデメリットもあり、利用する際には十分に信頼できるサロンやクリニックを選ぶ必要があります。

針の部分に絶縁加工が施され、痛みを軽減した小林式絶縁針脱毛と呼ばれるニードル脱毛もありますが、光脱毛やレーザー脱毛と比べると、ニードル脱毛は痛みが最も強い脱毛方法です。

レーザー脱毛による痛みってどれくらい?いつまで続く?

レーザー脱毛の痛みとは?

レーザー脱毛の痛みは、ゴムで弾かれたような痛みと表現する方が多く、パチン!とした瞬間的な痛みがあります。痛みの感じ方には個人差がありますが、脱毛に通い慣れてくると痛みに慣れてくる方もいます。極端に痛みを感じる時は、レーザーの出力が適していない事もあるので、痛みがある時はスタッフの方に伝えてください。

痛みを感じやすい部位は?

レーザー脱毛で痛みを感じやすい部位は、顔などの肌が薄くデリケートな部位と太く濃いムダ毛が生えているVIOラインなどの部位です。特に、デリケートゾーンの皮膚の粘膜付近は、脱毛中に痛みを感じやすい傾向があるため、まずは腕などで慣れてから始めるのがおすすめです。

痛みはいつまで続く?

レーザー脱毛による痛みは、基本的には脱毛中のみで、すぐに痛みが引きます。レーザーを照射し、光が肌に当たった時にパチンとゴムで弾かれたような痛みを感じます。そのため、脱毛後に痛みが持続する事は少ないのですが、まれに皮膚が弱い方は痛みが残る事もあります。もしも、痛みが数日残るような時は、ヤケドを引き起こしている可能性もあるため、クリニックのスタッフの方に相談してください。

レーザー脱毛の痛みを軽減するためのセルフ対策ケア

レーザー脱毛の痛みを少しでも抑えたい方は、肌負担を与えない生活習慣やスキンケア方法を心がけましょう。

①レーザーの出力をさげてもらう

レーザー脱毛で施術中に痛みを感じる時は、クリニックの担当スタッフの方に伝えて、レーザーの出力を下げてもらいましょう。肌質によっては一般的な出力のレベルが合わない事もあります。

レーザー脱毛=痛みが強いというイメージを持ちすぎると、痛みを我慢してしまう方もいますが、強い痛みを我慢しすぎるとヤケドに繋がります。炎症を引き起こす原因を招くため、きちんとコミュニケーションを取りながら、出力調節や痛みへの軽減対応をしてくれるクリニックでの施術を受けましょう。

②麻酔薬を使用する

クリニックでは、脱毛中の痛みを軽減するために麻酔薬を用意しています。痛みを強く感じる方は、麻酔薬の使用をお願いしましょう。脱毛料金とは別途料金になるため、追加の費用がかかってしまう点がデメリットですが、痛みを抑えたストレスフリーな脱毛を行えます。

ちなみに、市販の鎮痛剤は、脱毛の痛みを軽減できる作用はないため、服用しても意味がありません。薬を飲んでから脱毛を受けると気分が悪くなる事もあるので、痛み軽減のために市販の鎮痛剤を飲む事は避けてください。

③生理日前後の施術を避ける

生理日前後は、ホルモンバランスの変化により、肌が敏感になっています。デリケートな時期のため、いつもより脱毛の痛みを感じやすくなっているので、生理日前後は脱毛を避けましょう。

特に、生理中は脱毛による肌刺激を加える事で、出血が増える事もあります。月経中の脱毛施術を禁止しているクリニックあるため、もしもクリニックで予約を取ってしまった日と生理日が重なってしまった時は、キャンセル連絡をして日を改めてください。

④脱毛部分の肌を冷やす

脱毛後にヒリヒリとした痛みがある時は、濡れタオルで肌を冷やすようにしましょう。レーザー脱毛は、光を照射するため脱毛部位が熱を持ちます。肌をクールダウンさせることで、肌を鎮静化させる効果があります。

ただし、冷やし過ぎはNGなので保冷剤ではなく、水で濡らしたタオルで冷却するのがおすすめです。保冷剤は肌を冷やし過ぎて血行の流れを悪くし、ダメージを受けた部位の回復が遅くなります。

⑤保湿ケアをする

脱毛後は肌が乾燥します。乾燥した肌はヒリヒリとした痛みが続きやすいので、保湿ケアをして肌に潤いを与えましょう。肌の水分量を高くする事で痛みの軽減だけではなく、脱毛後にムダ毛が抜けやすくなります。また、肌が潤っている肌はバリア機能が高まり、外部刺激に強い肌となりますので、脱毛時の痛みも減らす事ができます。

脱毛後は肌が敏感になっているので、保湿ケアに使用する保湿化粧品は、肌刺激となるアルコール入りなどを避けて、できるだけ肌に優しい製品で保湿ケアを行いましょう。

⑥日焼けしないように心がける

脱毛後は肌が熱を持った状態のため、紫外線による日焼けに気を付けましょう。紫外線を浴びる事で、肌の内部が熱を持ったままとなり、ヒリヒリとした痛みが続いてしまいます。また、紫外線は、色素沈着の原因となるメラニンを過剰に生成し、シミをできやすくし、毛穴の黒ずみ原因にも繋がります。長時間紫外線を浴びてしまうような時は、脱毛部位を衣類でカバーし、できるだけ日に当たらないようにしましょう。

⑦脱毛部位をこすらない

脱毛後は肌をこすったり、引っ掻いてしまわないように注意しましょう。引っ掻き傷が残ると脱毛ができなくなりますので、虫刺されなどに気を付けましょう。また、肌への摩擦が大きくなると、脱毛後に肌が痛む事があります。脱毛をしている期間は、入浴時にボディタオルでゴシゴシ洗いをしたり、締め付けが多い洋服で肌負担となる摩擦をかけないようにしましょう。

⑧十分な睡眠をとる

脱毛中の痛みは、体の調子が低下している事でも感じやすくなります。風邪などの病気で体調を崩している時はもちろん、睡眠不足は免疫機能を低下させるため、脱毛時の痛みが強くなります。二日酔いや睡眠不足が続く時は、脱毛ではなく体を休める事を優先し、十分に体調を整えてからクリニックに通うようにしてください。

⑨カフェインをとらないようにする

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインには、神経を過敏する作用があるため痛みが感じやすくなります。交感神経が緊張し、血管や筋肉が縮小すると刺激に敏感に反応してしまうため、脱毛前はカフェインレスな飲み物を取りましょう。

⑩当日の入浴をさける

脱毛をした日は、湯船に浸かる入浴は避け、シャワーで済ませるようにしましょう。湯船には、雑菌が繁殖しやすいため、肌の抵抗力が弱くなっている時に入浴すると、肌トラブルの原因に繋がる事があります。また、脱毛後は肌に熱がこもっているため、体を温めずにクールダウンさせる事が、肌負担を最小限にするお手入れ方法となります。

クリニックが行ってくれる脱毛時の痛み対策ケア

エステ

クリニックでは、脱毛時の痛みがガマンできない!という方のために、痛みを軽減するための対策ケアを用意しています。痛みに弱い方、肌が敏感な方は親身なサポートケアを行ってくれるクリニックを選びましょう。

①冷却する(クーリングケア)

脱毛時の痛みが感じやすくなる原因の1つは、冷却不足です。クリニックでは、冷却ゲル、または冷却ガスを用いてレーザーの照射部位を冷やすクーリングケアを行います。痛みだけではなく、炎症などの肌トラブル予防にも繋がるため、きちんとケアしてくれるクリニックを利用しましょう。

クーリングケアは、脱毛費用の中に含まれている事がほとんどですが、クリニックによって別途料金の場合もあるので、事前に必ず確認をしてください。

②笑気麻酔

笑気麻酔は、亜酸化窒素と酸素によって構成されているガスタイプの麻酔です。お酒を飲んで酔っ払った時のような感覚になり、脱毛への恐怖心を取り除きながら、痛みを軽減させる事ができます。ガスといっても毒性は低く、人体に無害な成分です。10年ほど前までは、ガスの吸入時に酸欠状態になる事がありましたが、現在は吸入器の進化により酸欠による事故は減少しています。

笑気麻酔の料金は、麻酔をかけている時間の長さで変わりますので、施術時間が長いほど負担が大きくなります。費用相場は、30分3,000円程度です。

③麻酔クリーム

皮膚に塗るタイプの麻酔クリームは、効き目が出るまでに30分ほど時間がかかります。麻酔が効いてくると肌がしびれてくるような感覚になり、痛みを軽減した脱毛をする事ができます。

クリームに使用されている成分に対し、アレルギー反応を起こしてしまう方もいるので、必ずクリニックで処方された麻酔クリームを使用するようにしましょう。使用後に異変を感じた時は、必ず医師に相談するようにしてください。また、効果には個人差があります。完全に痛みがなくなるわけではありません。

麻酔クリームの費用相場は、1回3,000円程度です。笑気麻酔と金額的には大きな差がないので、アレルギーリスクの心配がある方は笑気麻酔を選ぶのがおすすめです。

まとめ

レーザー脱毛は痛みを伴いますが、痛みの感じ方には個人差があるため、特別なケアをしなくても痛みに耐えられるという方も沢山います。万が一、強い痛みを感じる際には麻酔クリームなど、痛みを軽減するための対策ケアも万全に整っているので、1人1人の肌の状態に合わせた施術が行えます。

皮膚、脱毛に関する専門知識を持ったスタッフが対応していますので、脱毛後に肌トラブルが起きた場合には、適切な処置をすぐに施してくれるという安心感もクリニックの魅力です。

そして、何よりもムダ毛への脱毛効果に優れているのが、レーザーによるお手入れなので、ムダ毛の悩みから解放されたい方は、信頼できるクリニックで本格脱毛体験をしましょう。