濃いムダ毛に悩む方必読!女性ホルモンを増やす食べ物

ムダ毛が濃いのは、生まれつきだと思っていませんか?実は、ムダ毛が濃くなってしまう原因は、遺伝だけではありません。ムダ毛は、ホルモンの影響を受けやすく、女性でも男性のような太くて濃いムダ毛になってしまう事があります。ムダ毛の成長を抑える女性ホルモンを分泌させて、スベスベの素肌を手に入れましょう。

ムダ毛が濃くなる原因はホルモン?体毛との関係性

女性

ムダ毛の悩みに繋がるホルモンと体毛の関係性をまとめました。

ホルモンの影響を受けやすいのは?ムダ毛の種類

ムダ毛には、「無性毛」と「性毛」の2種類があります。無性毛は、子供の頃から生えている体毛の事です。無性毛は体を守るための役割を持ち、ホルモンの影響を受けにくい毛です。

そして、第二次性徴を迎える思春期以降に生えてくる体毛は、性毛と呼ばれ「両性毛」と「男性毛」に分けられます。両性毛は、成長ホルモンの分泌により、男女ともに生えるムダ毛ですが、男性毛はその名の通り、男性ホルモンの影響を受けやすいムダ毛です。

男性ホルモンは、男性だけではなく女性も分泌しています。一般的に男性の10分の1程度分泌されていると言われていますが、ホルモンバランスの乱れにより、男性ホルモンが過剰に分泌されると、女性でもヒゲなどの男性毛が生えてきたり、ムダ毛が濃くなります。

女性ホルモンの分泌が安定していれば、男性ホルモンが過剰に分泌される事はありません。つまり、男性毛である太くて濃いムダ毛に悩まされる事はありませんので、男性のようなヒゲ、すね毛が生えてきてしまう剛毛なムダ毛に悩んでいる女性は、ホルモンバランスが乱れているサインと言えます。

そのため、ムダ毛を目立たなくしたい、ムダ毛が生えてくるスピードを遅くしたいと考えている方は、外側からのスキンケアだけではなく、体の内側であるインナーケアにも注目し、女性ホルモンの分泌を整えるための生活を心がけましょう。

【無性毛】まつげ、まゆげ、手足、側頭部、後頭部
【両性毛】わき毛、陰毛
【男性毛】ヒゲ、胸毛、頭頂部、前頭部、陰毛上部、手足の濃い毛、背中

ホルモンバランスが乱れてしまう原因とは?

ホルモンバランスが乱れてしまう主な原因は、「ストレス、睡眠不足、食生活の乱れ」です。不規則な生活習慣を続ける事で、男性ホルモンが過剰に分泌されるようになればムダ毛が濃くなってしまいます。

女性ホルモンの分泌を安定させるためには、規則正しい生活習慣を心がけて、ホルモンを正常に分泌させる食生活をる事が大切です。忙しい日々で、早寝早起きの生活スタイルに変える事が難しい方は、ホルモンの分泌を促す食品を意識して摂取しましょう。

女性ホルモンを増やす食べ物とは?摂取すべき栄養素

大豆

毎日の食生活は、ホルモンの分泌を正常に整えるための大切な役割を持っています。しかし、その食生活が乱れていれば、ホルモンバランスも崩れてしまいますので、剛毛なムダ毛に悩んでいる方は、食生活を見直してみましょう。

大豆イソフラボン

女性ホルモンと似た働きを持つ大豆イソフラボンは、女性ホルモンの1つであるエストロゲンの分泌を促します。抑毛ローションの原料にも大豆イソフラボンは使われており、ムダ毛の成長を抑える作用があります。

大豆イソフラボンは、大豆製品に豊富に含まれているため、豆腐、味噌、納豆など、和食を中心とした食生活を心がければ、イソフラボンの1日の摂取目安量を自然に摂取する事ができます。過剰摂取は、かえってホルモンバランスを乱れさせる原因を招いてしまうため、サプリメントを使うよりも食事から自然に摂取するのが理想的です。

アミノ酸

タンパク質を構成しているアミノ酸は、健康な体を維持するためには、欠かす事ができない三大栄養素の1つです。筋肉、皮膚、内臓など、私たちの体のおよそ20%はアミノ酸で出来ています。

アミノ酸が不足すると内臓機能や代謝が低下し、ホルモンの分泌も妨げられます。アミノ酸は、鶏肉、牛肉、豚肉、チーズ、大豆製品などに含まれています。ただし、肉類に含まれる飽和脂肪酸は、生活習慣病のリスクを引き起こすため、食べ過ぎに注意して適度に摂取するようにしましょう。

ビタミンB6

女性ホルモンのエストロゲンの代謝に作用するビタミンB6は、ホルモンバランスを整える栄養素です。また、ホルモンを生み出すためのアミノ酸をサポートする働きもあるため、ビタミンB6を豊富に含むニンニク、マグロ、カツオなどを摂取しましょう。

ビタミンB6が不足しているとアミノ酸を摂取しても、タンパク質の代謝が低下しているため、ホルモンの分泌が鈍くなります。赤身の魚を積極的に食べたり、料理にニンニクを加えて調理してみましょう。

ビタミンE

脳下垂体に働きかけ、ホルモンの生成や分泌を調整する働きを持つビタミンEは、子宮、胎盤の働きを活発にします。生殖機能の健康維持を促進させる栄養素のため、妊娠率をアップさせるほど、ビタミンEは女性ホルモンに大きく関わっています。

若返りのビタミンとも呼ばれているため、細胞の老化を予防する抗酸化作用にも優れています。女性にとっては健康と美容を促進する成分なので、アーモンド等のナッツ類やオリーブオイルからビタミンEを摂取しましょう。

ビタミンには、加熱に弱い水溶性タイプがありますが、ビタミンEは脂溶性のため水に溶けにくく、加熱をしても栄養素を逃しません。

ミネラル

亜鉛やマグネシウムなどのミネラル成分は、生殖生理作用を正常に促すための重要な働きをしています。特に、亜鉛不足はホルモンの分泌が低下してしまうため、美容面が損なわれるだけではなく、不妊にも繋がってしまう重要な栄養素です。

女性は、毎月の月経によりミネラル不足を引き起こしやすいため、意識して摂取する事が大切です。無理なダイエットは、ミネラル不足を引き起こす原因となります。代謝活動にも必要な栄養素のため、ダイエットで食事制限をしている方も燃焼効果を高めるためには、しっかりと摂取するようにしましょう。

ミネラルを豊富に含む食べ物は、桜エビ、ほうれん草、納豆、ピーナッツなどです。亜鉛を豊富に含んでいるのは、牡蠣、するめ、タラコなどのため、魚介類を積極的に食べましょう。

女性ホルモンの分泌を低下させるNGな食生活

女性ホルモンの分泌を妨げ、バランスを乱れさせてしまうNG食生活を送っていないか確認しておきましょう。

添加物・塩分

インスタント製品、コンビニ、外食には、添加物や塩分が多く含まれていますので、体の中のミネラル分が排出されやすくなります。ミネラルが不足すればホルモンの分泌が低下するため、ホルモンバランスが乱れる原因に繋がります。そのため、できるだけ自炊を心がけて、体に優しい食生活を目指しましょう。

冷たいもの

冷たい飲み物や食べ物は、体を冷やして自律神経を乱れさせます。自律神経の乱れは、ホルモンバランスも崩れやすくなるため、温かい飲み物や食べ物を取るようにしましょう。

また、ビタミンやミネラルを豊富に含む野菜や果物は、栄養価が高い食品も多いので、バランスの良い食事には欠かす事ができません。しかし、生野菜やスムージーは、体を冷やしやすくするため、食べ過ぎ、飲むすぎに注意してください。温野菜、スープなど温かい料理で摂取する方が体に負担をかけません。

カフェイン

カフェインは交感神経を刺激します。過剰に摂取すると自律神経のバランスが乱れ、ホルモンバランスの乱れにも繋がります。また、カフェインはミネラルやビタミンを体の外へと排出してしまうため、ホルモンを分泌させるために必要な栄養素が不足しやすくなります。

カフェインは、コーヒー、紅茶、緑茶など、身近な飲み物に含まれているため、飲み過ぎに注意して過剰摂取を避けましょう。

コーヒー

女性ホルモンの分泌を増やす事のメリットとは?

女性ホルモンの分泌を増やす事は、男性毛の成長を抑えるムダ毛の抑毛作用だけではなく、女性の健康と美容に良い影響をもたらす嬉しいメリットが盛りだくさんです。

月経痛・生理前症候群を和らげる

女性ホルモンには、卵胞ホルモンのエストロゲンと黄体ホルモンのプロゲステロンの2種類があります。排卵期から月経前は、プロゲステロンの分泌が盛んになり、生理前症候群と呼ばれるPMSの症状を誘発させます。

月経痛や生理前症候群のPMSの症状が強い方は、女性ホルモンのバランスを整える事により、不快な症状を緩和させることできます。月経痛や眠気、イライラ、鬱などの症状が強い方は、通常の生活を送る事に支障を来しやすいため、女性ホルモンの分泌を安定させましょう。

不妊予防・妊娠しやすくなる

女性ホルモンのエストロゲンは、妊娠しやすい体作りをサポートし、プロゲステロンは妊娠を維持し、赤ちゃんが健康に成長するための役割を持っています。そのため、女性ホルモンのバランスを整える事は、不妊予防に効果があります。

過酷なダイエットにより栄養が不足し、不妊症を招いてしまう若い女性が増えています。妊娠に関わるホルモンバランスが乱れていると流産、早産のリスクも高まりますので、将来的に子宝に恵まれたいと考えている方は、健やかな体作りのためにも、女性ホルモンの分泌を意識した食生活を心がけましょう。

肌がキレイになる

エストロゲンは、美肌ホルモンとも呼ばれており、女性の美しさを高める働きを持っています。生理が終わる月経後は、いつもより肌がキレイになるのもエストロゲンの分泌が高まっている時期のためです。

エストロゲンは、肌の水分バランスを整えて、肌の奥にある真皮層のコラーゲンやエラスチンの合成を促進します。コラーゲンやエラスチンは、お肌のハリや潤いを維持する美肌力に大きく関わる部分のため、エストロゲンの分泌を高める事で、シワ、たるみを予防でき、肌トラブルを抑えて美肌力をアップさせます。

バストアップに効果的

エストロゲンは、乳腺を発達させる働きがあります。乳腺を増やす事で、乳腺の周りに脂肪をつきやすくします。バストは、脂肪と乳腺で構成されているため、女性ホルモンの分泌を活性化させることにより、バストアップ効果が期待できると考えられています。

また、エストロゲンは、お肌にハリを与える作用もあるため、加齢により下がってきてしまうバストにハリを与え、女性らしい美しいバストへと導きます。

抜け毛・薄毛予防

30代以降になると抜け毛や薄毛の悩みを抱える女性が増えますが、女性の抜け毛・薄毛原因は、ホルモンバランスの乱れが大きく関わっています。女性ホルモンのエストロゲンは、毛細血管を拡張して毛髪の成長であるヘアサイクルを正常に整える働きがあります。

そのため、食生活や生活習慣の乱れ、ホルモンバランスが乱れやすい妊娠、出産、閉経などの時期は、髪の毛に関するトラブルが増えやすくなります。美しい健康な髪の毛を保つためには、ホルモンバランスを整えて、正常なヘアサイクルを維持する事が大切です。

シャンプーやトリートメントによるヘアケアでも、抜け毛や薄毛の症状が改善しない時は、女性ホルモンの分泌を整える生活習慣を意識してみましょう。

更年期障害の予防・緩和

40代あたりから閉経によるエストロゲンの低下により、女性は更年期障害を迎えやすくなります。更年期障害は、肩こり、動悸、息切れ、ほてりなどの症状があり、日常生活に支障を来すほど、重い症状が出る方もいます。

近頃は、食生活や生活習慣により、ホルモンバランスが乱れて20代でも若年性更年期障害の症状が現れる方もいるため、女性ホルモンの分泌を増やす事は、更年期障害の予防、症状緩和に有効です。

まとめ

濃く太いムダ毛は、生まれつきだから仕方がない・・・と考えがちですが、実は女性ホルモンが乱れているサインでもあります。女性ホルモンの低下は、体のあらゆる面に悪影響を与えてしまいますが、女性ホルモンを増やせばムダ毛の抑毛効果の他にも、美肌、美髪、更年期障害など、女性にとって嬉しい美容・健康効果が期待できます。

ただし、女性ホルモンの分泌を高めるイソフラボンの過剰摂取は、婦人科系の病気を誘発してしまうため、適度に摂取する事が大切です。食事で必要な栄養素を補いにくい時に、サプリメントを活用する事は有効ですが、過剰摂取しやすくなるため、できるだけ女性ホルモンを増やす食べ物を摂取して、健康的な美しさを手に入れましょう。