除毛クリームでわき毛処理!肌が弱い人は?

女の子なら誰でも気になるわき毛のお手入れ。皆さんはどうしていますか?すぐに生えてきてしまうわき毛のお手入れは、カミソリや毛抜きを使う方も多いのですが、除毛クリームを使った事はありますか?簡単にセルフケアできる除毛クリーム。まだ使った事がないという方は、わき毛のお手入れに除毛クリームを使ってみましょう。

除毛クリームってわき毛に使えるの?ムダ毛への効果

除毛クリームの脱毛効果とは?

除毛クリームは、わき毛に使用する事が可能です。除毛クリームには、ムダ毛の成分であるタンパク質を溶かす「チオグリコール酸カルシウム」というアルカリ性の成分が含まれています。

そのため、わき毛のような太く濃いムダ毛でもキレイに処理できます。

よく似た製品として抑毛クリームもありますが、抑毛クリームはムダ毛の成長を抑える商品のため、除毛効果はありません。

似ているようで成分が全く異なり、ムダ毛への効果に差がありますので、間違えて購入しないように気を付けましょう。

チオグリコール酸カルシウムが含まれた抑毛クリームのもありますが、除毛クリームとは配合量が異なります。

除毛クリームは、即効性があるムダ毛処理アイテムなので、使用可能な部位以外には使用しないようにしましょう。

除毛クリームの種類

除毛クリームは、基本的に「腕、脚、ワキ」への使用が可能です。

「腕、脚、ワキ、ビキニラン」など、部位別の専用除毛クリームも販売されていますので、わき毛の処理に対応した製品を選ぶようにしましょう。

タンパク質成分は、ムダ毛だけではなく皮膚の角質もタンパク質なので、使用部位以外での使用は、肌トラブルの原因に繋がります。

必ず説明書や使用上の注意点を確認し、ワキの部位に使用可能な商品を使ってください。

また、敏感肌な方には刺激が少ない「敏感肌用」の除毛クリームも販売されています。少しでも肌に優しいお手入れをしたい方におすすめです。

初めてでも簡単!自宅で除毛クリームを使ってみよう!

image

 

除毛クリームは、自宅で簡単にセルフケアができる便利なムダ毛処理アイテムです。慣れてくれば時間をかけずに、短い時間でスピーディーにお手入れを完了する事ができます。

購入できる場所は?

除毛クリームは、ドラッグストア、コンビニ、ディスカウントストア、通販サイトなど、幅広いお店で取り扱っています。

そのため、店頭で実際に商品を手に取ってから購入する事も可能ですし、買い物に行く暇が取りにくい方は、パソコンや携帯から簡単に注文できるネットショッピングでの購入も可能です。

除毛クリームを使用したい時に、すぐに購入する事ができ、多くのお店が取り扱っているので在庫切れの心配もありません。

価格は、1,000円以下の商品が多いので、とてもリーズナブルで費用負担が少ない点も魅力的です。

除毛クリームの基本的な使い方

除毛クリームは、肌が乾いた状態で使います。わき毛のお手入れは、液だれしやすいので、汚れても良いキャミソールに着替えるか、入浴前にお風呂でお手入れを行うようにしましょう。

①パッチテストを行う

除毛クリームを使う時は、必ず事前にパッチテストを行います。肌のコンディションは日々変化しますので、毎回目立ちにくい部位で少量の除毛クリームを付け、アレルギー反応が出ないか確認をしてください。

②除毛クリームを塗る

パッチテストで問題がなければ、乾いている肌に除毛クリームを塗っていきます。クリームが均一になるよう、ヘラを使って伸ばします。

クリームが薄すぎると除毛効果が低くなるので、肌がクリームで少し隠れる程度の1~3ミリの厚さに伸ばします。ムダ毛の根元からクリームが付くようにしますが、強くこすり付けると肌摩擦のダメージが加わるため、優しく撫でるようにクリームを伸ばします。

③規定時間放置する

除毛クリームを肌に塗布した後は、除毛成分を浸透させるために規定の時間を守って放置します。各商品によって放置時間の目安が異なるため、説明書を読んで時間の確認をしてください。

5分~15分程度に設定している商品がほとんどです。長時間放置すると肌が乾き、かゆみやかぶれの原因となります。除毛効果が高まるわけではないので、きちんと時間を守るようにしてください。

④除毛クリームを洗い流す

水、またはぬるま湯のシャワーで、除毛クリームを洗い流します。石鹸やボディタオルは使わず、手のひらで撫で洗いをしながらクリームを洗い流しましょう。

クリームと一緒にムダ毛が抜け落ち、スベスベの素肌に仕上がります。

④保湿ケアをする

除毛クリームでお手入れをした後は、肌が乾燥しやすいので保湿ケアを行います。保湿ケアをすると皮膚のバリア機能が高まり、除毛後の肌トラブルを最小限に抑える事ができます。

ただし、アルカリ性のローションは使用しないようにしましょう。

除毛クリームのデメリット&気を付けたいポイント

脱毛

手軽にセルフケアでわき毛のお手入れができる除毛クリームですが、メリットだけではなくデメリットもあります。

①肌荒れしやすい

除毛クリームは、タンパク質に反応してムダ毛を溶かすため、皮膚の表面にある角質も剥がれ落ちます。古くなった角質もキレイに落とせる事から、除毛後はツルツルのなめらか肌に仕上がります。ところが、肌のコンディションによっては、除毛成分の刺激が強く、肌荒れを引き起こしてしまう事があります。

肌が刺激を受けやすい時は、外部ダメージを防ぐためのバリア機能が低下している時です。バリア機能が低下した肌は、皮膚が薄くなっているので、除毛クリームを使うと角質を取り過ぎてしまうため、肌荒れを引き起こします。

バリア機能の低下原因は、主にストレスや乾燥ですが、生まれつき皮膚が薄く、デリケートな肌質の敏感肌の方もいます。生理前後や産前産後は、ホルモンバランスの変化により肌が敏感になるため、除毛クリームの使用ができません。

除毛クリームによる肌荒れを防ぐためには、正しい使い方はもちろんの事ながら、肌質に合うか?という点が重要なので、使用前は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

②ムダ毛の処理残しが出る

ムダ毛は、すべての毛が均一に生えているわけではありません。ムダ毛の中には、同じ部位であっても、抜けにくい毛があります。

特に、これまでわき毛の処理にカミソリや毛抜きで自己処理をしてきた方は、毛周期が乱れてムダ毛の生え方にバラつきが生まれやすくなります。

多くのムダ毛はキレイにする事ができますが、クリームの塗り方が甘かったり、毛質により成分が浸透しにくい場合は、処理残しが出てきます。

もしも、処理残しがある場合は、再び除毛クリームを使うと肌負担が大きくなるため、カミソリや電気シェーバーで残っているムダ毛を処理してください。

③ヒリヒリとした不快感がある

除毛クリームは、使用中にヒリヒリとした軽い痛みやかゆみが伴う事があります。肌質には個人差があるため、全く何も感じない方もいますが、肌がデリケートな方は除毛成分の刺激が感じやすくなります。

肌トラブルが起きやすいサインでもあるので、除毛後は必ずアフターケアを忘れないようにしましょう。

④お手入れの頻度に注意が必要

除毛クリームの効果が持続する期間は、3日~1週間程度です。わき毛は、1日に0.3ミリ程伸びるため、3日目くらいからムダ毛が少しずつ顔を出します。

ムダ毛のないツルツルの状態を維持するためには、すぐにお手入れをしなければいけません。特に、ムダ毛が生えるスピードが速い方は、頻繁にお手入れをする必要があります。

しかし、除毛クリームの使用頻度が多すぎると敏感肌を招きます。健康な素肌の持ち主であった方でもデリケートな肌質に変化し、肌荒れが起きやすくなるため、間隔をあけて使用しなければいけません。

そのため、水着や温泉など、肌の露出が増える時にわき毛のお手入れをしておきたい方は、予定を考えてムダ毛処理を行う必要があります。

除毛クリームが肌に合わない!肌荒れを起こさないお手入れ方法

クリーム塗る

除毛クリームを使うと肌が荒れてしまう。カミソリや毛抜きを使ったお手入れでも黒ずみ、赤みなどの肌トラブルが起きてしまうと悩んでいる方は、脱毛専門サロンでわき毛をキレイにしましょう。

サロンでのお手入れがオススメな理由をまとめました。

①わき毛脱毛は費用が手ごろ

脱毛専門のサロンは、高額な費用が必要なのでは?というイメージを持っている方もいますが、わき毛の脱毛は非常に需要が高く、多くの女性が自己処理によるお手入れの悩みを抱えています。

そのため、脱毛サロンでは、わき毛脱毛を低料金で提供しています。

エステサロンでのわき毛脱毛は、1,000円以下で体験する事ができます。1回の脱毛施術でキレイにムダ毛がなくなる事はありませんが、回数無制限でわき毛脱毛できるサロンも多く、除毛クリームを何度も買うよりも、実は非常にコストパフォーマンスに優れているのです。

ほぼ永久脱毛効果が得られるクリニックでの脱毛においても、わき毛脱毛は5,000円~20,000円以内が相場です。脱毛効果に優れているので、わずらわしいお手入れから解放される事を考えると決して高い金額ではありません。

②脱毛効果が得やすい

エステサロンやクリニックでの脱毛は、光を照射してお手入れをしていきます。ムダ毛の黒いメラニン色素に反応しやすいため、わき毛のような太くて濃いムダ毛は、とても脱毛効果が得やすいというメリットがあります。

また、メラニン色素は紫外線によって増えてしまうため、日焼けしている肌は脱毛する事ができませんが、わきは紫外線にほとんど当たる事のない部位です。

ムダ毛に光が集中して反応するため、少ない脱毛回数でも効果が実感しやすく、5回~10回程度の施術回数で、ほぼ無毛状態になります。

つまり、わき毛はせっかくサロンに通ったのに効果が出なかった!というトラブルに遭いにくく、自己処理よりも圧倒的に優れた脱毛効果が得られます。

③肌トラブルが起きにくい

除毛クリームやカミソリを使った自己処理に比べ、サロンでのお手入れは、肌トラブルが起きにくいという点が最大の魅力です。

カミソリ負けは、皮膚がブツブツと赤みを帯び、雑菌が繁殖すると炎症が悪化し、出血や痛みを伴うようになります。

毛抜きによるお手入れは、無理にムダ毛を引っ張る事から、埋没毛や黒ずみ原因を引き起こします。

肌が弱い方は、除毛クリームの成分が合わず、かぶれやかゆみを引き起こす事もあるため、多くの肌トラブルが隣り合わせです。

しかし、サロンでの脱毛は肌への負担が非常に少なく、脱毛知識のある専門のスタッフがムダ毛を処理していきます。

エステサロンでは、美肌へと導くためのアフターケアも行ってくれるので、脱毛後は毛穴の黒ずみが気にならない健康な素肌に仕上がります。

そして、クリニックでの脱毛は医療行為に該当するため、安全性の高い施術が受けられます。万が一、肌トラブルが起きた場合にも、すぐに適切な処置をしてくれるのでとても安心です。

④面倒な手間がかからない

わき毛は、自分の目では確認しにくい部位です。覗き込むように頭を下げ、腕を上げながら処理していくため、わき毛のお手入れは面倒に感じやすいですよね。

すぐにムダ毛が伸びてきてしまうため、スキンアに多くの時間を費やさなければいけません。

サロンを利用すれば、施術中は横に寝ているだけで準備の手間も、お手入れの手間もかかりません。わき毛は脱毛範囲が狭いため、脱毛時間も短く、およそ10分程度で施術が終わります。

あっという間にムダ毛処理が完了しますので、何度も繰り返し自己処理するよりも時間を費やす必要がありません。ムダ毛処理の時間がなくなれば、時間を有効に使えるようになります。

サロン脱毛でスベスベの脇に!

女性はわき毛がツルツルになっているのが当たり前。そんな常識になってきているからこそ、急なデートやイベントの予定に慌てる事なく、いつでもスベスベな肌を維持しておきたいですよね。

ムダ毛が少ない方や生えにくい方。肌が丈夫な方には、除毛クリームでもわき毛をキレイにする事ができますが、自己処理による肌トラブルはこりごり…

ストレスフリーで面倒なムダ毛をキレイにしたいという方は、是非お得なサロンでのわき脱毛にトライしてみてください。

わき脱毛は、キャンペーン割引を実施しているサロンも多いので、お得なチャンスを逃さず、賢くキレイな肌を手に入れてくださいね。