カミソリ等の自己処理とレーザー脱毛器トリアでの処理の違い

主なムダ毛処理方法としてまず、カミソリや電気シェーバーで毛を剃るという方法があります。

また、毛抜きやワックス、脱毛テープといったもので毛を抜くという方法、薬品を使って毛を溶かしたり毛を脱色したりするといった自己処理方法があります。

または毛を生えなくし、日々のムダ毛処理を限りなく不要にできる脱毛という方法があります。

まずはムダ毛の自己処理において知っておいてほしいこと

女性

まず、毛を剃るという方法はコスト的にも一見安く、手軽なカミソリを使用している方は多いと思います。

しかし、使用方法を一歩間違えるとお肌へのダメージが大きく、カミソリでは毛は生え続けますので替え刃を買い、お手入れをし続けなくてはいけませんし、合わせてカミソリの刃も買い続けなくてはいけません。

このほか、剃った後のお肌の保湿も重要で、替え刃以外にも意外とコストをかけなくてはいけません。

また、毛を抜く、薬品を使うといった自己処理方法も、皮膚や毛穴にダメージを与えてしまうことは容易に想像できるかと思います。

レーザー脱毛器トリアと比較するにあたり、コスト面やお肌へのダメージの比較は気になるところだと思います。

しかし、レーザー脱毛器トリアでの脱毛とは毛を生えなくしていくものの為、お手入れ回数も減り替え刃や保湿の為の化粧品代をかけ続けることがありません。

そもそもレーザー脱毛器はどんな仕組みなのでしょうか

卵レーザー脱毛器の仕組みとしては、まずレーザーは黒いものに反応するという原理を使っています。

毛も基本的に黒い為レーザーが反応し、レーザーの熱で毛根が熱され、毛根の中にある毛乳頭と言われる発毛の指令を出す部分を破壊されます。

レーザーを浴びた毛は抜け落ち、毛乳頭のない毛根からは毛が生えてこなくなります。

しかし、毛には毛周期というものがあり、レーザーが反応しない時期もある為、1度に全ての毛が生えなくなるということはないので、定期的にレーザーをあて、徐々に毛が生えなくなっていくという流れになります。

レーザー脱毛器トリアであれば自宅で自分のペースで脱毛が可能です。

カミソリや毛抜きなどの皮膚や毛根にダメージ与えるものと比較して、黒いものに反応するレーザーをあてるトリアは黒くないお肌部分へのダメージが少ないと言えます。

レーザー脱毛器トリアで処理する際に気をつける点

足

レーザー脱毛器トリアはカミソリ等と比較してお肌への負担が少ないと言われていますが、やはり使用方法を間違えると炎症や火傷を負う可能性もあります。

例えば、日焼けをした肌はレーザーを吸収しやすい為、火傷を負う可能性が高まってしまいます。

また、日焼け止めなどを塗った肌はレーザーをはじいてしまう為脱毛効果が薄れてしまいます。

また、ムダ毛の状況や体調などで個人差はありますが、レーザーをあてた瞬間にはゴムで弾かれたような痛みを感じる事が多いようです。

処理を重ねるにつれて毛が生えなくなる分、痛みも軽減されていきます。このようにカミソリ等の自己処理でもレーザー脱毛器トリアでの処理でも比較してみるとそれぞれで注意しなければいけない点はあるようです。

カミソリ等の自己処理とレーザー脱毛器トリアでの処理のまとめ

毛深く、ムダ毛の処理に悩んでいる方は多いと思いますが、カミソリ等の自己処理とレーザー脱毛器トリアを比較してみると、それぞれに気をつけなくてはいけない点があり、コスト的に見てもトータルで考えると大きな差がないとも言えます。

大切なことは、どちらの処理においても使用方法を守って適切に処理をしていくことです。

ムダ毛を処理する場所、ムダ毛の状況、お肌の状況などをトータルで考えて、自分にあった処理方法を見つける為には情報収集はもちろん、実際に体験して比較していくしかありません。

ただ、どちらにも言えることは使用方法を間違えないことです。

また、カミソリ等の自己処理でもレーザー脱毛器トリアでの処理でも、毛のない、もしくは毛が目立たない美しい肌を保ちたいという自分自身の気持ちも大切だと言えるでしょう。